FX「損切り」タイミングの目安は!?ルールはどう作る!?

FXトレードをする上で切っても切れない関係の損切り。

この損切りを自分で色々と勉強すればするほど損切り迷子になってしまいますよね。

FXで勝ち続けるにはこの「損切り」が大事になってきます。

このページでは、勝ち組トレーダーに成る為の『「損切り」タイミングの目安、ルール』について書いています。

「損切り」とは

自分の保有している通貨ペアに損失が発生した場合、それ以上の損失を防ぐために、損失を覚悟で決済して、取引を終了させることを言います。人によってはストップロスと言う場合もありますが、要は損をこれ以上広げないための防衛策と考えてもらっても大丈夫です。

「損切り」タイミングの目安、ルール設定について!

これは、取引時間や通貨、トレード手法によって違ってきます。

よく書籍や巷で言われているのは、資産の-2%や直近の高値、安値ブレイクなどなど、数えれば切りがないです。

ではどうしたら良いのか!?

シンプルに考えれば良いんです。

今エントリーしたら、

これ以上「下がらない、上がらない」であろうと思うところに損切りを置く!

それだけです。

後はその置いた損切り幅が自分の許容範囲内かどうかだけです。

同じ位置に置いた損切り幅でも人によっては「-10pips」「-50pips」まではOKと言う方もいますので、その許容範囲内である時+自身のエントリー条件が揃った時だけ、エントリーすればOKです。

シンプルでしょ(笑)

それで負け続けたらエントリーの場所が悪いので、損切りの設定の云々ではないです。

その辺を上手く出来れば、キコリみたいに損切り(-2pips)で勝つことができます。

※トレード記録を見てもらえば分かるとおもいます。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。